高強度硬質レジンブリッジ 受注開始いたしました。詳しくはこちら

歯冠修復及び欠損補綴に「高強度硬質レジンブリッジ」が新設されました

平成30年度診療報酬改定により、医療の高度化等に対応する観点から、先進医療会議における検討結果を踏まえ、先進医療の保険導入として、金属代替材料として歯冠用グラスファイバーによるフレームに高強度の硬質レジンを用いて製作する、臼歯1歯中間欠損部に対するポンティックを含む、臼歯3歯ブリッジ治療が新設されました。

Scroll Up